FC2ブログ

砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠してあるからだよ | さかさまな季節からのつぶやき

カリスマ英語講師


わたしの古い友人の一人に、
大学の英語の入試問題を、
パートタイムでたまに作っている人がいます。
日本に住んで30年のイギリス人。
日本語もペラペラ、読み書きも出来る。
イギリスのオックスフォード地方出身で、
大学を卒業して、すぐに日本へ来たんだそうです。
高校の英語教師からジャーナリスト、大学院生、そして今の本業は英語教育には全く関係ない分野の大学の先生だけど、
日本の英語教育を隅々まで見てきたんだそう。

若い頃は、英語に関するバイト経験も豊富で、
あの有名な都心に本部を構える棒予備校で、英語の試験問題の製作や、
参考書の監修も携わっていたんだって。


その予備校バイト時代に、
一人、カリスマ英語講師がいたんだそう。
その講師は、予備校生からの絶大な人気はモチロン、
予備校内関係者からも信頼を寄せていて、
まるで神のような存在。
人気の授業の秘密は、
文法を徹底に解析して、
超ロジカルにまとめ上げ、
予備校生の頭に叩き込むらしいです。

カリスマ予備校教師は、
ロックスター並みの人気者なので、
都内の大きなホールを貸し切り、
ワンマンショーのような公開授業も行われていたんだとか。
全国から予備校生達が、
それはそれは沢山集まったそうです。

ある時友人は、
同僚の英語ネイティブの友人と、
一緒に仕事をしていると、
うわさのカリスマ先生と話すチャンスが訪れました。
同僚も友人も日本語が理解できたので、
さて、どちらの言語で会話をしょうか?
一瞬、二人が躊躇しているところで、
カリスマ英語教師が話しかけてきたのは英語…が、しかし、
二人はカリスマ英語教師の話す英語が、
聞き取れず、
理解する事が出来ず、
タジタジだったそうです。
会話の最後の方は、日本語と英語のちゃんぽんというありさま。

それから、
友人は、何人ものカリスマと名がつく英語講師の英語を耳にしたらしいですが、
ほぼ残念な英語だったと言います。
そして、日本語の英語教育の問題点について考えるようになったんだとか。

そんな予備校のバイトから、
何十年も経ったある日のこと。
都内のパブでたまたま知り合ったビジネスマンの青年。
この青年が受験生の頃に通っていたのが、友人がかつてバイトをしていたのと同じ予備校。そして友人が務めていた時期と重なっている事がわかった。
青年は興奮して、真っ先に当時のカリスマ英語講師を知っているかと、訪ねてきたそうです。
「……知っている」と友人が答えると、
青年はたいそう感激し、
「僕が東大や伊藤忠商事に受かったのは、すべてあの時教えてくれたカリスマ英語講師の授業のおかげなんです」と言ったんだそうです。
一瞬、友人はその言葉にたいして、なんて言っていいか戸惑ったそうですが、その青年は続けて、
「あの勉強は、試験前の時間が長すぎても落ち、そして受験後は綺麗さっぱり忘れてしまう」と言ったそうです。
つまりは、受験に勝つための英語は、
喋れるとか、読み書きができるなんてどうでもいいのです。
受験さえパスすればね。
と、友人が話してくれました。

それから又年月が経ち、
友人と知り合った頃も白髪の初老だったカリスマ講師がお亡くなったという知らせが飛び込んできたそうです。
お葬式には、かつての教え子がたくさん弔問に来たのかと思いきや、
ロックスターの人気は、影をひそめ、たったの30人足らずだったんだとか。
まあ、その真意は断定出来ないけれど、
何か胸につっかえるものがありますよね。

実際海外へ飛び込んで、
仕事や勉強でもそうだけれど、
自分の話す英語が、ネイティブに全く伝わらないことって、バイリンガルじゃない限り、ほとんどの日本人が思い知らされますよね。
そんなとき、以前のカリスマの教え子だった予備校生たちは、彼らの記憶に、一体どんな風にこのカリスマ先生を、思い返したんでしょうね。いやはや、思い出しもしないのかもしれない?

さて、
そんなわたしも、
学校の英語の試験が近づいています。
友人のこの話で、すっかりモチベーションがガタ落ちだけど、がんばりたい!🐶ワン!

スポンサーサイト



Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 1 comments  0 trackback

花見解禁に!

「お花見はどこへ行きます?」

と知り合いが何気なく聞いてきた。
わたしは、染井吉野が開花する頃から、
ゴールデンウィークにかけて、
超絶忙しいのだよ!と言っているにもかかわらず、
「お花見行こうよ!」と誘ってきた。
ふむ、まあ、忙しい忙しいって言っても、
お花見ぐらいする余裕ぐらいないとね。
と、自分に言い聞かせてみた。

うちのバイトのTちゃんは、
お花見をする事が人生の中での大切なイベントなんだって。
そんな春の季節に、長くお休みを取ることは、
わたしの職場では、けっこうご法度❗️
でもさ、そんな最高のイベントを彼女から奪うことは無いなと感じ、
わたしは、彼女のお休みを許した。
思う存分、楽しんできてね。
わたしも、お花見行きます。(日帰りだけどね。一応わたしは!)

Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

服選び

気持ちよく晴れた朝だけど、

この季節の服選びが難しい。
朝から、服を着ては鏡をチラ見して、
脱ぐなんて事を3度ぐらい繰り返す。
時間の無駄ですかね?
だって日中は14℃なのに、
夜は5℃だって言うんですよね!
春物薄いコートの下は、
ウールのマフラーに、ウールのタートルセーター。
下は防寒スカートだけど丈は短めでバランスをとり、
タイツは110。やっぱり寒い方が嫌だもんね。
こういう朝の着替えの時間さえも、
アメリカのお偉いさんは、無駄な時間と考えているらしい。
スティーブ・ジョブズは、同じ服を何着も持っていたし、
オバマ大統領は、服を選んでくれる専属のスタッフを雇っていた。
あと、あのフェイスブックを創設したマーク ザッカーバーグも、
服の数を少なく持っていたとか。
まあ、わたしは偉くも無いので、
ウンウンと、服選びを悩む日々を過ごさなきゃいけないんだけどさ。
でもそういう無駄をはぶくことで、
本当に充実した時間を過ごせるものなのでしょうかね?



Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

走る

わたしの仕事場チームは、
わたしと6人のバイトさんがいます。
この6人の年齢は幅広いです。
20代、30代、40代、50代、60代という年齢層バラバラで、
今まで生きてきたバックグラウンドも様々です。

その中の20代Tちゃんは、
将来作曲家志望のゲーマー。
年がら年中ゲームのことばかり考えてます。
だからなのでしょうか、仕事の取り組みもゲーム感覚です。
仕事の忙しさが過酷になるにつれ、彼女は燃えている。
そんな時は側から見て、今最終章の魔物と戦っているんだなと、
ひしひし感じます。
「今ここでクリアすれば、新しいステージですよね」
みたいなことを呟きます。
さらに辛くなると、
「課金できればいいんですけど…現実世界ですしねぇ」
と、きっと彼女は思っているに違いない。苦笑

そんな彼女の合言葉は「走る」
ゲームの中で、戦う事を「走る」と言うらしい。
この単語を仕事でも使うので、
他のメンバーまでもが仕事する事を「走る」というようになっちゃった
(わたしが!)

前置きが長くなりましたが、
今日も精一杯走ってきます。


Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

色あせない

3月11日が過ぎて行きました。
もう8年も月日が経ったんですね。
時の流れの早さに、
何だか漠然としてしまいます。

8年前のわたしは、
偶然日本へ帰国していて、
実家で震災にあいました。
まさに、震災にあうために帰国したようなものでした。


激しく家が揺れ、
冷蔵庫から卵が飛び出し、
食器棚の皿や器がバラバラと床に叩きつけられては、
粉々になりました。
一体、今の地震の震度はどのぐらい大きかったのかと、
恐怖で震えながらテレビをつけました。
画面から流れた映像は、まさに現世の地獄絵のよう。
あの巨大津波が、
今まさに人々や街を飲み込む寸前でした。

被害に遭われた方が、
8年前の悲しみや苦しみが、
時の流れとともに、
全く色あせることがないと言っていました。

あの震災の時に味わった虚無感、
生まれて初めて感じたものでした。
この8年間の間に、
わたしは、離婚なんかしたけれど、
そんな個人の事件なんか比較にはならない、
とても大きなものでした。


生きていくって、
本当に過酷だけれど、
それでも行き続けていかなければならない。
生きるって、一体なんだろう?と、
あの震災から、わたしもずっと考え続けています。

Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

酔っ払って、ブログ書き書き

春はいいね。

It's a beautiful day today!
今日は仕事が休みなので、
4月の初めにある試験勉強をしてます。
お天気なのに、
試験勉強というのがちょっと気分がダウンするので、
家から歩いて近くの「サイゼリア」にて、
パスタとガーリックトースト、
コーヒーに白ワインエトセトラエトセトラと頼みました。
食べながら、
飲みながらの試験勉強!笑
ははははははは、ふざけていますね、全く!

グラス一杯の白ワインが、
後からカウンターパンチのように脳みそに効いてきた。
おかげで、一時間ばかり、
気持ち悪くてうたた寝してしまった。
飲めない人が、
ワイン飲みながら勉強なんてダメダメだね。

昨日は、
仕事のアルバイトさんたちと、
仕事帰りにタイ料理へ行ってきました。
一人、飲兵衛のバイトさんがいて、
私がめちゃくちゃアルコールに弱いことを突かれています。
本当に飲める人が羨ましい。
おまけに彼女は、にゃんと、どっこい😹
私の1000倍ぐらい胸が大きい!(ちょっと盛ってみた♡)
いやはや、
人生って、不公平にできているのね。
マンモグラフィの時のお互いの苦労話とかして、
やけに盛り上がりました。

マンモで胸を診察機械(?)に乗っける時は、
両手で胸を抱えて、「よっこらしょ」って掛け声をかけるらしい。
私なんて、四方八方に広がった贅肉をかき集めて、
胸を作っているというのにさ。

さて、
サイゼリアの100円白ワインの酔いが覚めたので、
いい加減、お勉強しなきゃ。

デワデワ。


Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

桜とお金と自由が吹き抜ける 笑

梅が咲き、
河津桜、大島桜が咲いて、枝垂れ桜が咲き、
染井吉野がやってくる。
桜前線かけめくる日本です。(梅 桃しかり)
わたしの本業もすごく忙しくなるけれど、
あっという間に駆け抜けていくことでしょう。

4月のはじめにガッコウの試験があります。
「英語Ⅰ」と「英語Ⅱ」
別に英語を学びたくてガッコウへ入学したわけでは無いのにね。やれやれです。(でも、がんばるぞ)

最近、
自由に生きることについて考えています。
「最近」だなんて言うけど、若い頃から考えてる。笑
こんな年齢になっても、ずっと考え続けている大きくて深いテーマです。
若い頃に比べて、具体的に考えてる。
離婚を経て、シミジミ実感したのは、
自由に生きるにはお金が必要だってこと。

ここ日本では「お金」の話を露骨にする人は下品という風潮があるけどさ。
自由にはお金が必要です。
ははは、今さら言われなくても当たり前か!

まっ、今日も一日頑張って働こう!
仕事が出来る今に感謝。


Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

ストリップ劇場 (昨日の話First experience つづき)


一つ前のブログの続き、
引き続き横浜ぶらぶら散歩です。(Firsr experienceの続き)


「もし、よかったらストリップ劇場へ行きませんか?」
と、いきなり友人からお声がかかった。
わたしはびっくりして、友人の顔を見たわけなんだけれど。笑
「いや、もし嫌なら行きませんけれど…」
わたしを気遣っての控えめなオファーだったみたい。
とんでもない!
ぜひ、連れてってください!土下座←ウソです。
笑 ということで、
横浜のストリップ劇場へ連れて行ってもらいました。(ありがたい)


 
ここのブラジル食堂へ行きました。笑

実は、前々からストリップ劇場って行ってみたかった。
よくヌードデッサンとかはたくさん経験があるけれど、
公の場で、男たちの中で踊るストリップって、一体どういうものだろうか?
という漠然とした好奇心があった。
知らないことを、人一倍知りたいわたしは、
このチャンスは絶対、乗らなきゃ!

「横浜ロック座」という名のストリップ劇場。
入り口は、板っきれがちょうど、お客さんを隠すようについているので、
隠れるように入り口をくぐる。
ぶっきらぼうな受付のスタッフから、
鑑賞中の注意事項を、早口でまくしたてられた。
ショーの最中は、
⑴お喋り厳禁
⑵ダンサーの身体や衣装に触るのは厳禁。
⑶写真撮影はもちろんダメ。
⑷上記が守れない場合は、罰金50万円と退場。
き び し い!

これらの規則を守ることを誓わせられて、
狭くて暗い入り口をくぐる。
黒いカーテンが何重にも重なり合っていて、なかなか中の様子が見えない。
カーテンを掻き分けてとにかく中へ。
結構小さな小屋のような円形の回転ステージが花道に突き出した作り。
壁は確か黒いペンキで塗りたてられている。
女はダンサーとわたししかいない。
全てお客は男だ。(当たり前?)
お客の若い人は、30代ぐらいだろうか?
年配の男の人が多くて、おそらく50代 60代あたりの男性が多かったと思う。
職種は、普通のビジネスマンやら肉体労働者、飲食店、様々。
どこからどう見ても普通の男の人だ。
そして踊り子は全部で5人。
それぞれ女の子のショー時間は30分。

もっと激しいダンスを想像していたけれど、
私がこの日に見た女の子たち3人は、
そんなに激しいダンスではなかった。
ふんわりムードのロリコン系のやたら明るい感じの女の子。
オフィスレディを装った、椅子で踊るスーツ&メガネっ子。
最後は、演歌調の着物女子だった。
曲に合わせて、どんどん服を脱いで行き、
最後は開脚。
一人の女の子が終わると、撮影タイムがあり、
この時間は、踊り子が用意したポラロイドカメラで写真が撮れる。
一回につき1000円。

お客さんは皆、常連みたいな雰囲気でアットホーム。
開脚のクライマックスシーンは、
テープを投げたり、タンバリンを叩いたり、
一生懸命、場を盛り上げていた。
わたしも、ぶっきらぼうで鑑賞しているのは忍びなくて、
開脚シーンは、手を叩いて応援した。
当たり前だけれど、ほとんどのお客は普通の男の人だ。
なんだか変な感じ。
わたしはショーの合間に、トイレに行きたくなり、
果たして観客席側に女子トイレがあるのか?と悶々と悩んでいたら、
知らないお客さんが親切に教えてくれた。
女子トイレはちゃんとあった。
ずっと無視していたけれど、
わたしが入場してから、一人だけ与太者の男がずっとわたしを見ていた。
それに気がついているのは、わたしだけじゃなくて、
この知らないお客さんたちから、
「嫌ですよね、気になりますよね?ちょっと声かけますね」と言って、
この怪しいお客とわたしを離してくれた。感謝。
日本へ帰ってきて、これほどレディファーストをされたことがないわたしは、
ちょっと感動。

後から知ったのだけれど、
ここの劇場は、女性のお客さんも増やしたいと考えていて、
女子トイレや女性専用席などを作ったらしい。
今、この時代はネットでいとも簡単に女の裸を見られるけれど、
アナログな臨場感あふれるストリップ劇場は、
ひっそりと続いているんだなぁと、
昭和の香りを堪能した一日になったのでした。




Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

First experience

日本へ帰国して三年の間に、

横浜へ出かける機会が増えた。
実は私、関東に住まれ育ってうん十年だけど、
横浜界隈をよく知らない。ほーんと知らなかった。

ラウンドマークタワーのスカイガーデンに、
はじめて登ってみた。

 

この日は、うっすら靄がかかっていて、
遠くがボヤけていた。

空が澄んでいたら、
富士山がよく見えるらしいけれどね。

 

はじめに「観覧車に乗ろうか?」と、
友人は誘ってくれたけれど。
観覧車のてっぺんで閉じ込められて、
トイレに行きたくなったら、
あたし、絶対パニックになるよ!!
という被害妄想を持っている私は、即効パス。
しかし、
こう高いところから見る街並みは、
何かプラモデルとかジオラマみたいですね。
よーく目を凝らすと、
ちっこい人間がうごめき歩いている。なんか不思議。


桜木町から野毛へ。
飲み屋街をぶらついてたどり着いたのは、
硬派な昔ながらのジャズ喫茶「ちぐさ」
とにかく、中に入ったらお喋り厳禁!
ひたすらジャズに耳を傾けなきゃいけないんだって!
中は、写真厳禁なので外観だけ。

 

中へ入ると、各テーブルが学校の教室みたいな配置。
学校の教室でたとえる黒板側には、
巨大なスピーカーがデンと構えている。
確かに、ここは教会みたいだ。
スピーカーに向かって、お客は一心にジャズを聴くようなセッティング。
周りを見回すと、年配の男性ばかり。
皆、硬派なジャズ愛好家なんだろうね。
お店のジャズは、分厚いファイルが用意してあって、
そこにはLPレコードのタイトルが収録されています。
お客は、そこからリクエストする仕組み。

 


「リクエストしたい」と思った私。
しかし友人が「一枚のLPをリクエストしたら、一枚のLPを全部聞き終わらないで退席することはできないよ!」とのこと。き・きびしい!(でもよく考えたら、それもそうだ)
そしてふと、頭に浮かんだのは、何かお客の好み以外のジャズを選曲リクエストしちゃったら、なんかみんな心の中で、ブーイングされてしまうんじゃ無いだろうかと…そんな思いがよぎった。
そんなわけで、マイルズ・ディビスのBitches Brewを途中まで聞いたところで、
お店を後にしました。


私はBill Evansをリクエストしたかった。
まあ、いいか。
また、来ます♡



それでは、
またね。

Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

河津桜

ずっと放置プレーだったブログ。

こんにちは!
と、言ってみた! 笑

河津桜 No1 

浜松の友人と、一足先に春を堪能。
河津桜を見に、河津へ。
桃色の花々と、青い空を堪能してきました。
これからどんどん陽気がよくなる季節に突入。
何か素敵なことが、起こりますように!

そんな気持ちにさせてくれた、
伊豆の旅でした。

久々のブログなのに、
睡魔が襲ってきました。ごめん、今夜はこれにて。笑

Category : Category: None
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。