FC2ブログ

砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠してあるからだよ | さかさまな季節からのつぶやき

不思議なズッキーニ









友だちに逢う時って、

なんだか集中して逢うことが多いわたし。

どういうことかというと、

みんなそれぞれ忙しいので、しょっちゅう逢うことが難しい。

でも、何かポコっとできるヒマな時間というのが、

私の友人は共通して同時期だったりするので、

さいきん、友人に逢いまくり週間が続いています。





昨日はヴッキーに逢ってきました。

本当は彼女、わたしに編み物を教えてくれると約束していたのだけれど、

最近編み物熱が冷めてしまった私。

すっかり諦めムードが濃い私の空気を察した彼女は、(そりゃ、編めるようにはなりたいけどさー)

「じゃー、ちょっとフリマでも行く?」(フリマ=フリーマントルという名の港町)

ということで、フリマへ行きました。



「ドラえもんがいた♡」





「冬のパースは寒くて、鬱々だよねー」

「いやよねー」

とか言ってグタグタおしゃべりして、

デザインの話とかいっぱいしました。

あとヴッキーはいろんなデザインとか絵のコンペテションを紹介してくれました。

なんかいつも良い人。感謝デス。

それから、感謝のヴィッキーとフリマの街をさまよっていたら、

ヴィクトリアという名の建物。

ありがちな名前とはいうものの、あら偶然。

でもヴィッキーは、ヴィクトリアのヴィッキーじゃないと言い張るけれどね。




1895年当時はカフェだったのね、↑このヴィクトリアの建物。

でも今は、何もお店が入っていなくて、伽藍堂でした。





お腹がなんとなく空いてきて、

足も、なんだかだるくなってきたので、

「どこか良い店知ってる?」とヴィッキーに聞けば、

「まかせる」という返事だったので、

前からなんとなく気になっていたこの店にやって来ました。





The RAW Kitchenです。※お店のウェブサイトはこちら☆☆☆




”あなぐら” みたいな写真になってしまったけれど、

感じの良いレストランです。

でもわたし、このお店が前々から気になってたとは言いつつ、

何も考えていなかった。

だからネットで調べたことも無かったんだけど、

ヴィッキーが、

「ああああ、、ここ知ってる。すごく評判いいよねここ」と叫ぶ。

(ー 。 ー)「へ、そうなの?」と私。




小学生のころに、ガッコウで使っていたような椅子だけれど、

奥にはカウチの席もあったりして、最近よく見るオシャレなリノベーション系のインテリア。





スタッフも感じの良い女の子がいっぱいで、

ちょっと私は、引いてしまった。

どういうことかと言うと、

みんながみんな、感じが良いスタッフに囲まれるという経験が、

ここオーストラリアでは、極めてマレなことなので、

怪しい気持ちが膨らんでしまうという症状なのです。

もちろん、レストランに訪れて感じのいいスタッフさんっていることにはいるけど、

みんながみんなって言うのが、気持ち悪いのです。(なんだかな)

そして、女の子たち全員が同じテンションというのも、不自然に思えてしまう私って、

人生をひねくれて見てしまっていますね。

「こちらには、はじめてお越しですか?」とか?!(驚)

超丁寧な接客で、

相手の目をキチンと見て話し、

細かいほど、ばか丁寧にメニューの説明をする女の子たち。

しかし、

メニューと話を聞いて、ちょっと愕然とするわたし。







そうだった!そうだよ!

このお店の名前は、The Raw Kitchen!

Raw というだけあって、火を通した料理(Cooked)というものが、

極端に少ないのであーる。(パンとかケーキはあるよ!)

冬だから温かい料理を食べたかった私は後悔の渦が、

そんな落胆の表情を浮かべてしまった私の顔を、

素早く察したスタッフの女の子、

「本日のスープもありますよ」と進めてくれるも、

スープの気分でも無い私。

自分で誘っておいて、この日私はがっつり肉みたいなものが食べたかったのだー。

ここは完全無欠にベジタリアンレストランだったのでした。

何か、お腹にたまりそうなメニューを選ぶ。

パスタがあると思い、パスタを頼もうとするとヴィッキーがひと言。

「このパスタさぁ、ズッキーニパスタだってよ」

ズッキーニパスタ?

セモリナ粉にズッキーニが埋め込んであるのかしら?

そうスタッフに尋ねると、

「ズッキーニを細くカットしたスパゲティ状のもの」だということ。

それって、サラダみたいなものと聞き返すと、

「うーん、サラダではないですね…やっぱりパスタに近いです」とスタッフ。

いやいや、それはサラダでしょ?

どう考えたってサラダだよ。

と、私はますますスタッフにたいして、信頼を得ない顔になっていったんだけど、

でももう、やけくそでパスタを頼んでみた。


じゃん!





ズッキーニパスタという名が頭にこびり付いていた私は、

トマトソース味を注文したのに、

ヴィッキーのグリーンのパスタを横取りしてしまった。

二口ぐらい食べてから、

「なおみん、私たち注文したの入れ違いしている」と言って気が付き、

スワップ!ごめん。



びっくり、本当にパスタだ!

サラダじゃないよ。見るとズッキーニのヌードルだけど、

パスタ!おいしい♡

すかさずスタッフに感想を求められ、

素直に「おいしい!」と、答えた私。

何かやられたって感じ、美味しいし、すごいボリュームです。



付け合わせに、本日のスープも注文して、

これはシェアして食べたんだけれど、

付け合わせのグルテンフリーのパンとも、相性がよかったです。

量とボリュームが多すぎて、実はヴィッキーはパスタを残してしまったけれど、

私は、「くるしー」とか言いつつ、ヴィッキーがギブアップする15分前には完食。

胃袋大きいからね私。





ヴィッキーと二人で、

シティのあのヒトのレストランよりずっと良いね♡

というのが、私たちの感想です。


ごめん、このヒトが悪いというよりも、パスタ茹ですぎだったよ。



それからこのレストランの中に入っているお店を拝見。




やさしい形の食器があったり、

カップの中まで、かわいい水玉模様だったり。




おはぎ みたいなコロコロとした石けんが美味しそう。

まるで、おはぎの胡麻味みたい。




「食品ラベル鑑賞好き」にはたまらない、

目新しいラベルも見ることが出来ました。










ポストカードもずらり。






そんなわけで、

楽しい一日でした。






今度はどこのレストランへ行こうか?

ということで、

来月もフラフラ出歩く約束をして、別れたのでした。

毎度、つき合ってくれてありがとうヴィッキー!






今日もここまで読んでくれて、ありがとうー♡♡ありがとーーーーう♡






↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m

スポンサーサイト



Category : 食べ物は素敵
Posted by Naomin on  | 2 comments  0 trackback

冬眠




今夜は久しぶりにイラストを描いてみました。

タイトルは「冬眠」です。


冬眠


以前、何かの本で読んだのか?

それとも人から聞いた話なのか? 定かじゃないのだけれど、

冬眠中のクマって、

たまーに真冬なのに目覚めてしまうんだそうです。

真冬に目覚めてしまったクマは、

ものすごく耐えがたい空腹に襲われるということを聞いたことがあります。

その話を聞いた時、

なぜだか知らないけれど、ものすごくそのクマに同情しました。

だって、寒い季節の空腹って、とてもこたえるじゃない。



目覚めたクマは必死に目を閉じて眠ろうとするけれど、

空腹でなかなか寝付けない…。

ああ、熊のためのコンビニなんていうものがあるわけもなく。

森は深い雪で覆われているのであーる。




冬って、

やっぱりイヤだなって、

なんだかいきなりその話を思い出してこの上のイラストを描きました。

(オーストラリアは今、冬なんだよーう)涙



おしまい



今日もここまで読んでくれて、ありがとうー♡♡ありがとーーーーう♡




↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m



Category : イラスト日記
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。