FC2ブログ

砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠してあるからだよ | さかさまな季節からのつぶやき

オランダ商店




寒い季節が苦手です。

寒がりな私の適正温度は30℃。

夜と早朝の気温が一桁代のパース。

毎晩毎朝、ベッドの中で、

「ばかやろー」と叫んでいます。

誰に暴言をはくというものでもないのですが、

寒いのは大嫌い。






さて、

いきなりだけれど、

私は食品のパッケージを眺めたり、新たな食品やスパイス、

ハーブなんかを見るのが大好きデス。

特に、見知らぬ国の食品のパッケージというものが、私のはーと♡をトキメかせます。

日本にいた頃は、

ワケも無く成城石井とかカルディとかに出没しては、

一人でほっこりしていました。(あやしすぎる)




でもここはパース、

そんなお店がそこらへんにあるわけでは無いので、

このブログのいろんなところに、書いてあるんだけれど、

パースでは「カクラス」と言う名前の輸入食材の店がお気に入りです。

そこで、いろいろな食材のパッケージやデザインを眺めるのが大好きです。
(ゴメン、さがせないその記事たち…汗)


そうそう、

そのカクラスで買ったピンクの塩が最近のお気に入り。

どや!




塩のちがいが分かる女!

いやいや、(汗)

それは無いんだけどさ。

自然な淡いピンクという色が、幸せを感じる。

ただ、それだけです。 以上。



で、

この間、いきつけのアンティークショップの隣にある、

私がずっと気になっていたお店へ行ってきました。

THE DUTCH SHOP「オランダ商店」←勝手に自己流に訳してみた。

という小さなグロッサリーストアー。

※お店のウェブサイトです。→
 (但し英語サイトのみ 雰囲気だけ見てね)


お店の入り口の写真は撮り忘れたんだけど、

お隣のアンティークショップのお店。↓ ↓



AnniesVintageWonderland.jpg





ここの隣なのです。





お店に入った途端、予想に反してオットがはしゃぎだす?

いつもは買い物が嫌いで(タイプライターと切手集め以外の買い物)

ぶすっとしているオットが、なぜ?







店内は天井から壁から、ヨーロピアングッズであふれていました。

その雰囲気が、あんまり写真で伝わっていなくてスミマセン。






へぇ〜カレー味のケチャップかぁ〜。




店内はその店名の通り、一応オランダ食品がメインですが、

ヨーロッパの数々の食品も多数ありました。




お菓子がいっぱい。






オットのお父さんという人は、

もう、何十年も前に他界してしまったので、逢ったことは無いのですが、

ウクライナからイギリスへ渡った移民だったそうです。

そのお父さんが幼い子供の為に、

よく買ってくれたというお菓子をはっけん。





だからオットは、はしゃいでいたのね。

このお菓子、私の苦手なシュガーコーティングだけれど、

見かけによらず甘さは控えめ、ジンジャーもそれほど強くない味。

素朴系なお菓子だけれど……私は……。汗 私はあまり興味が無い味だった。 ちーん

さっそくこのジンジャークッキーを、オットが買い物カゴに放り込んだので、

私も負けじと、大好きなロータスを買い物かごに放り込みました。(勝負か?)










2ドル。

なんて安いの!

まぁコレ、日本のプラザで買ってもすごく安いんだけれど、

香ばしくて、大好きなコーヒーにもよく合うので、

たまにこちらでも大量買いしてしまう私デス。






ピクルスのビン詰めが並んでいる姿が好きです。

しかし、

長い間トライしていなかった瓶詰めがあります。


これだ!








はじめに断っておくけれど、

私は食べ物では好き嫌いが、ほとんどありません……でも!

肉系(匂いがきつい肉とか)あと魚系の食べ慣れない味というのは、

トライすることに躊躇することがあります。うううっ



なんか見かけが、怖いのです。

中学の頃、理科室で見たホルマリン漬けを思い出すと言ったら、

オットから、STOP IT!!!と叫ばれる。

ものすごーい嫌な目で睨まれました。ごめん。

アップ!




よくロシアの小説なんかに出て来る「にしんの酢漬け」というやつです。

オットも食べたことが無いんだけれど、

オットが興味しんしん!(魚好きだから)

「サワードのライブレッドにサワークリーム、チャイブなんかと一緒に食べると美味しいんだよ♡」と、

オットは食べたことが無いのに、勧めてきました。なんで知ってるの?

イメージ的にこんな感じ!↓ ↓


marinated bismarck hearring



これらを買って、

その日のディナーに、おそるおそるビンのフタを開けてみました。

二人で、かわりばんこで匂いをかぎ、

ぜんぜん大丈夫、気になる臭さじゃないと判明!ほっ♡

これは、日本の「しめ鯖」みたいなものね。



見かけ悪いけれどこの日のディナーの一部写真↓ ↓





ただ、私はパンよりもご飯粒で食べたいかなという味でした。

たぶん、こういう食べ方って邪道つて思われるかもしれないけれど、

お寿司を作りたくなる味。

ドライ系の白ワインや日本酒にも合いそうな味。
(でも、私はお酒そんなに飲めないけれどね)



このオランダ商店、オットはもっとお茶やチーズ系が充実していたらいいのに!

と、はしゃいでいた割には不満をこぼしていましたが、

私は、思った以上まぁまぁ楽しめました。

お店が小さいので、私的な意見では、カクラスの広々とした店内の方が落ち着くかも。



※最後に念のため、カクラスのウェブサイトも載せておきます。

ここ→ ★☆★
(但し英語のサイトのみ。雰囲気だけ見てね)



今日もここまで読んでくれて、ありがとうー♡♡ありがとーーーーう♡




↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m




ロータス、コーヒーによく合うよ!一枚だけじゃ、止まんないよ♡



 
ピンクのお塩

スポンサーサイト



Category : 食べ物は素敵
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

インフルエンザと落ちる尻



すっかり冬になっちゃったパース。

寒いの大嫌いな私は、毎年冬になると、日本の暑さが恋しいのです。












グローリージーンズ↑↑で、カプチーノをゴクゴク。(って表現が変だね)

コーヒーは体を冷やすと、この間予防接種を受けたナースが言っていたけれど、

これだけは、やめれないのよね。




そうだ!

ナースで思い出したけれど、

私はこの冬、小学生以来受けたことが無かった、インフルエンザの予防接種を受けました。

受けたくなかったのにぃ。

オットにむりやり、ケミストリーに連れて行かれました。

うううううううううっ、泣いてやるウ〜!

でも、泣かなかったよ。おばさんだからね。

そして、最後にナースからジェリービーンズをもらう私たち。

「さぁ、どの色がいいかな?」と言われた時、

ちょっぴり童心にかえりました。(うそうそ)







マフィンも美味しそう。





さいきん、妙に忙しくて、

ブログが手抜きなのですが、

そんな時に限って、我が家のねこの話題を持ち出すわたし。m(_ _)m

また、ねこの話で恐縮なんですが、



にゃんと、

シシィの為に買った、犬用のベッド。

せっかく買ったのに寝てくれなくて、(見向きもしてくれなかった)

飼い主は途方に暮れていたんですが、




寝てくれました♡






う、うれしい〜サイズがぴったりだね。(犬用)

娘の寝顔がかわいくて、

寝返りをうつたびに、写真を撮る親ばかばかな私。

もう一枚、パチリ。








また、ぐるりとシシィの体が、寝返り。






あら?





あらららら?
なんかお尻が…重くて落ち気味。







「シシィ・ハンバーグ、やせろ!」



おしまい。

今夜もここまで読んでくれて、
ありがとうーございまするるるる★

↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m

Posted by Naomin on  | 2 comments  0 trackback

止める妻



こんなこと、

自分で言うのはなんだけれど、






私は人が決めた決意というものを、

頭ごなしに止めようとしたことがないと思う。

その人が私に意見を求めても、なるべくポジティブことを言い、

前向きな気持ちでがんばってくれたらと、思っているから。

たとえそれが、無理難題だったとしても、

出来るだけ心の中で声援を送ってきたつもり。




「やればいいじゃない、できるよ」

「がんばれ」

「合格するよ」

「手に入れちゃいなよ」

「新しくはじめちゃいなよ」

それらの言葉を、知人や友人にかけてきた。

すごい!私っていい人じゃないかー♡ (と自分で言ってみる。ちなみに太枠)



しかーし!










その新しい出会いの数の分だけ、

それを求めようとするオットよ。







べつに、

たいした珍しい型のタイプライターじゃないのに、

財布が、ゆるゆるになる男。(オットはタイプライターコレクターなんです)







さすがに私は、止めた。

止めたよ!!

「そんなに珍しいタイプライターじゃないじゃない」と叫ぶわたし。

「…君は何もわかっていないんだよ」と小さい声で、ほざくオット。

いや、わかっっているよ。

だって今買おうとしているタイプライター、

先月、売ったタイプライターと同じ機種で、

売った物よりも、はるかに劣るそのコンデション。

そう言い放すと、まるで子供のようにがっくり、肩を落とすオットが…

とっても、

おもすろい!





私は、むっつりした顔していたけれど、

心の中ではけっこう愉快だったのでした。(Sだな)

男の人って、

なんかいつまでたっても子供みたいで。



イジイジしている。 ↑



オプショップで、ぱらぱら古いファッション雑誌をめくるオット。

ケイト・モスが、すごく若かった。





そして、

頭の地肌がおかしい?モデルの写真を見せてもらう。





モードって、なんだろう?

シリアスなのか、お笑いなのか? 写真の狙いが見えにくい。





今日もここまで読んでくれて、
ありがとう★

↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m


カラコンがしたいのに!目が悪すぎて度数が無いよーう。

Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

興味ないのよねぇ〜




あまりにも窮屈そうに、

猫ベットで眠るシシィを見かねて、

日本のサイトから、シシィ用の大きめのベッドを注文しました。

シシィが丸くなって寝ると、

なんだか、日の丸みたい。(下の写真)





上の写真、

一応ちゃんとベッドで寝ています。





我が家の二匹が、オットが選んだベッドをたいへん気に入っているのは知っている。

知っているけれど、

二匹を見比べてみると、

シシィには、全く”ゆとり”というものが無いのだ。





二匹に出来る余白のちがい。↑ これは以前このブログでも紹介したけど、

やっぱり、一目瞭然に違う。

安定性も! ↓(下の写真)ごらんの通り。




ななめっている

でも本人(猫)は全く気にしていない!


余裕の黒猫くん。

君はいつでも、ねこ標準サイズ。








そして本日、

待ちに待ったベッドが、シシィの為にやってきた。(犬用なのだが)

↓ ↓ ベッドが包んであったビニール。





包み紙とビニールをとって、

まず、おニューベッドを、黒猫くんに見てもらったんだけれど、

非常に…反応が薄い!

おかしいな。




ええっ?! 包んであったビニールの方が好き?

という結果。

そ、そんなぁ〜





それからしばらくして、

シシィが庭の散歩から帰って来て、

ちょうど、お昼寝の時間!

「シシィ、おニューのベッドだよ」といって差し出すも。





簡単に彼らの習慣とか、お気に入りを変更させるのは、

難しいのだった。






もう、知らないよ!

寒くても。





さいきん、ねこ話ばかりしている私。

親ばかだー。うふ♡








オーガニックスシャンプー、わたしのお気に入り♡



オーストラリアまで送ってくれて、感謝感激デス★



↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m


サイコーにお気に入りニャン☆

Posted by Naomin on  | 2 comments  0 trackback

アーティストって



今夜は、仕事帰りのスティーブンと待ち合わせ。

私の友だちが誘ってくれた、ドキュメンタリー映画を見る為に、

スティーブンより一足先に、私は街へやって来ました。







スティーブン、約束の時間よりもずいぶん早めに仕事をきりあげてきたみたい。

顔がすごくお疲れ気味だった。

開演時間までは、まだ、たっぷり時間があるので簡単に腹ごしらえ。









ここのハンバーガー、素朴な味で美味しかったんだけれど。

先を急ぎすぎちゃった私たち。

それから、街でばったり友人に会って、開演前にちょつとオシャレなレストランに案内された。

ああ、私たち、食べなきゃよかったね。

コーヒーを頂きました。






アーティステックな友人が多い友だち。

本日のドキュメンタリーフィルムの監督さんも途中から登場。

もう一人の方もスクルプトを書いたり、映画を作っているらしい。

そんな話に耳を傾ける私たち。

本職の仕事を持ちながら、みなさんフィルムを作ったり、

スクリプトを書いたり。

そうよね、みんな忙しい日々の中、アーティステックに生きているのよね。









今夜私たちが見たドキュメンタリーフィルムのウェブサイト→An Invitation to Ruin by Rob Castiglione

アーティステックに生きるって、一体どういうことなんだろう?

なんて、考えてしまったそんな夜でした。









今夜は完全なわたしのひとり言ブログ。

ゆるしてください。





↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m



↑海外生活応援します。

Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

猫ベッドの余白くらべ




さむい季節、到来です。

朝の気温は11℃。








週末の朝、PCでいろいろ用事を済ましていると、

ぜったい黒猫君が机の上にあがってきます。

ふだん、抱っこが嫌いな黒猫君ですが、

冬の朝だけは私の腕で甘えて暖をとろうとして、

仕事がはかどらないので、あの猫ベッドを机の上に置くことにしました。



この間ブログでご紹介した、シシィにはちょっと、だいぶん

小さなこの猫専用のベッド。 ↓ これ。




 
お願いだから、せめて目をつぶって寝てくれー怖い!

この怖い寝顔は、

ベッドがきつくて、目が閉じられていないらしい。



しかしこのベッドも、

黒猫君が寝ると、こんなにスッキリ。

まわりの余白がこんなに出来る。





「やあ、黒猫君」






顔をあげてくれたけど、眠そう。

目をつぶると、顔が消える黒猫君、それが黒猫の宿命。

机の上のベットで2時間ぐらい、ウダウダしていました。





猫の視力って、かなり良いみたい。









ブラインドーの隙間から約三十メートルほど先で、

ビルダーが家を建てているんだけれど、それをじっと見つめる黒猫君。




ちょっと、姿勢を変えてみる。








そして、

また目がトロンとしてくる。







その間に私は、アボガドトースト作って、

リビングでブレックファースト。






ハニーアボガドのトースト。

キメがめちゃ、荒いのはわたしの性格の現れ?

でも、荒めの方が、美味しいんだよーう。




再び、机の上。








黒猫君には、もう少しこのベッドを使ってもらいましょう。





「あいよーぅ」



シシィねいさんも、

このベッドが好きといえば、好きみたい? 



みたい…。









でも、

ちょっと意地になっているみたい。






ななめってるぞー!




おしまい。




追伸: このアングルって、(汗)
    起き上がれない ”だるま” みたいだよ、シシィ・ハンバーグ。



 倒れそうで、倒れニャイ! 




↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m



シシィの為に、注文したベッドはコレだよん↑

Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

あまからちゃん



ハバネロの話で思い出したけれど、 (←そのブログ記事)

昔のわたしは激辛党だったのだ。

特に大好きなのは、タイ料理。

本場の辛さそのままにお願いをして、食べまくった20代が懐かしい

でも、今は駄目、

何が駄目って、胃腸にくるのよね。年になると!

いやや、胃腸だけじゃなく…ぜったいあんな20代の頃の生活していたらになる




この間、オットが買って来たケトルのポテトチップスチリ味。

辛いのが大の苦手なオットなのに、こんなの↑買って来て大丈夫なのだろうか?

そう思ったら案の定、オットの部屋から、さけび声がきこえてきた。

「TOOーHOT」めっちゃ、から〜い(涙)

で、結果私の机にどっさり。







手のひらサイズの小袋が5つ入っています。

ええええー、私を痔にするつもり!!

と思って食べてみたら、なんだか懐かしい味がした。

この味、なんだっけ?






そうだ!日本のカラムーチョの味にそっくりなんだ。

と、思ってけっこうぽりぽり食べているわたし。

辛いの食べたあとは、お口直しにティムタム。









この甘辛連鎖がしばらく続きそう。

やばいよ!体重 と アソコが!







↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m




いつも日本のモノはここから注文♡
ありがとう!




ダークチョコが一番好き♡



このケトルのポテトチップ!食べてみたーいぞよ!

Category : 食べ物は素敵
Posted by Naomin on  | 2 comments  0 trackback

どうでもEーはなし



昨晩、日本人のともだちから、テキストが入り、

「シティへ出てくるから、会わない?」というお誘いを受けました。

バスの時刻を入念に調べ、

せっかちな私は、いつもアホみたいに早い時間に家を出てしまいます。

パースのバスは、日本ほど正確ではないけれど、だいたい正確。

遅れるのは3分〜5分以内なので、自分の中の許容範囲だったんですが、(まれに10分)

以前二回ほど、バスの出発時間が、予定時刻よりも早めに出てしまうというアクシデントあいました。

ソレ以来!

念には念を入れてはやく家を出なければ!と思うようになってしまいました。とほほ。

先に行っちゃうって、ひど過ぎる!!!

遅れるよりも、とってもやるせない気持ちになります。ガオーぅ!



そんなわけで、

ベンチも屋根も無いバス停で、突っ立って、

じっーーーーーつと、waterfall“滝” を見つめたり。






あと、フィルおじさんのハゲ頭の汗を眺めたりして、

バスを20分も待つっていました。

何かの修行なのかしら?






??

何言っているの、なおみん?

そうね、「おやじの頭」と「滝」は一体なにかというと、

バス停の近くあったものを、

ぼけーつと眺めていたというだけの話。

それが、おやじの「頭」と「滝」っていうわけ。






ただの、ゴミ箱。

側面には、フィルおやじの顔。





そういえば、日本の不動産やの広告って、

こういう不動産やのエージェントの顔が、広告につくことってありませんよね。

なんでだろう?

会社の名前よりも、個人のセールスマンと顧客の関係の方が大事なのかな?

個人主義の国の考えだからなのか?

そんなこと今まで、考えた事なかったんだけれどね。

そうなんでしょうか?フィルのおじさん?







やっと、時間をつぶして20分、

バスはちゃんと、私の前に止まってくれました!

コレね、うっかり携帯なんか見て、携帯に夢中になっちゃうと、

乗り過ごしてしまうんです。

だって、

バスが来たら、ちゃんと手をあげないと、止まってくれないからね。

(止まってくれなかった経験あり)号泣







バスに乗り込み、

持参の本を広げて読み始めようと、ふと私の斜め前を見ると、

編み物をしている年が60ぐらいの御婦人。(写真には写っていません)

その方の編んでいるものをみると、

どうやら、生まれてくる赤ちゃん(お孫さん)のドレスを編んでいるみたい。

いいなぁ〜編み物が出来て〜、




斜め後ろから、

熱く「編み物が出来て羨ましいぃ〜ビーム」を送る私。(編み物が出来るようになりたい!)

そうなのだ!すっかり忘れていたけれど、

ここパースでは、秋口や冬の季節にバスや電車に乗ると、

編み物をしている人に、ちょくちょく出逢う。

実家や東京で働いていた頃、編み物をしながら電車やバスに乗っている人って、

ほとんど見た事がなかったから、ここに越して来た頃は、そんなことがとっても新鮮だったな。

あとこれは、本当にたまーーーーーに、だけれど、

編み物男子がいるのは、吃驚しました。(お兄さんからおじさんまで見た事あるある)

そんな編み物男子を見てしまった日には、

遠い昔、NHKの「おしゃれ工房」で見た編み物王子の事が過ります。



編み物王子



今はどうしているんでしょうか?

編み物王子は?








と、

今日は、くだらない話でブログを書いてしまった。

ごめんご!

でも、今夜もここまで読んでくれて、ありがとうございます。

おしまいでR


↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m

Category : つぶやき
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

気になるお隣、キノコとハバネロ




いつもの猫たちの朝ごはん風景。







自分たちのお皿のごはんを、黙々と食べているんだけれど、

ぜったい、食べている最中に、

隣のお皿が気になるみたいで、ホンノ数秒、

チラリとお隣を覗き見ます。



IMG_2418.jpg

隣って、気になるもんですよね?

あらっ、

あらあらあら? あなたも?




「隣の庭は美しいねぇー」

ちょっと、やめてー!!



えーと、

ごはんメニューは、ドライフードと猫缶を四分の一ずつ。



IMG_2422.jpg


メニューは一緒だけれど、

気持ち、バギーラーの方が、小指の先ぐらい量は多め。

食べてる量、そんなに変わらないのに…大きさがこんない違う二匹。

4キロのバギーラと約9キロのシシィ。

誰も信じてくれないけれどね。(獣医さんも信じてくれない)涙







話変わって、

この間スーパーでいろんな種類のホットチリが売っていて、

目が釘付けになりました。





それぞれのチリがパックでも買えるけれど、

バラでも買える。

そうそう、次の写真なんだけれど、

上の方に写っている見かけ、ピーマンにそっくりの濃い緑色のチリ。

はじめてみました。




このピーマンみたいのだけ、名前が分からず、

辛くなさそうに思えるんだけれど、どうなんだろう?

パックされているチリはモチロン、ちゃんと名前が記されていて、

辛さの度合いも表示してくれていました。

断トツ、いっちゃん辛いのはコレよね!うひゃーう。





ハバネロ!

扱いが怖くて、未だに買えない。

いや、永遠に自分から進んで買うことはしないだろうな。

唐辛子は、タイのあの緑の唐辛子を扱うのが私の中では、最上級かも。

「ハバネロ!お前だけは無理だよ!」と、心の中で敗北宣言。

だって、ハバネロを包丁で切り刻むだけでも、手がしみて痛そうじゃない?

そして、

そんな手で、シャワーを浴びてあんなところや、こんなところを、

こすったりいじったりしたら、

大炎上してしまいそう…って考えない?

病院へ行って、「ハバネロがー!!わたしの大事なー◯★△♪♯☆×!!!(号泣)」

と、ドクターに泣きついても、

大爆笑で、結局よく見てもらえず…なんて…ことが!!

そういう恐ろしい妄想が過ってしまうんだけど。

妄想しすぎかしら?




「……」聞いていないオーラーだね君たち?



そ、それから、

この間見かけた日本のキノコたち。

ああ〜なつかしーいよぉ!!

キノコだいだい大好き♡







小さなパックで約6ドル、日本円で五百円ぐらい?

たかーい。

このひとパックの量、むりやり私の口の中に押し込んだら、

ぜんぶ納めることが出来そうな量だよ。モゴモゴ。




「一口、まじニャン?…でも、なおみんのことだから…驚きもしないニャンよぅー」




この日本のキノコたちは、オーストラリア育ちなんですって!

それなのにさぁ、




まるで違う種類みたいなのよね、この白過ぎる”しめじ”とか

あと、

次の写真は私の親指の爪と、キノコの傘を比較してもらいたいんだけれど、




やけに、こじんまりとした、これも色が薄い “しいたけ”。

大きさはマッシュルームぐらいの大きさ。

やっぱり、キノコって湿度の高い国の方が、発育が良いし、

色も香りも濃いみたいね。

キノコ大好きな私は、もっともっとキノコ生産にオーストラリアは力を入れて欲しい!

と、

ひとり鼻息荒く、これらのキノコを元の場所に返したのでした。

ちっ。

………っていうか、

もう少し、

お安くならないのかしらん?(ざ、本音)


今夜はこのへんで。

ここまで読んでくれて、どうもありがとうございます。

おしまい。


↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m






日本でも売っているんだ!我が家の猫たちのドライフード♡

Posted by Naomin on  | 2 comments  0 trackback

ある日、野菜をもりもり食べた一日



たまにムショウに行きたくなるフリオ!

フリオとはFrioは、フリーマントルのことであーる。

大概この街で楽しく過ごすのは友だちと一緒のとき。

でも、

今日は電車でガタゴトゆられ、オットと来てみた。



 仲のよいバカップルみたいじゃない?二人の足はバカの大足。二人揃うと玄関は、脱いだ靴の姿は戦艦の港のようなのだ。涙





オットと出かけるのは、いつも車ばかりなので、

こうして電車っていうのも、たまには気分が変わっていいね。

「あれは、何? 戦艦」

と、天真爛漫風に言ってしまったバカな妻(私)







いやだ(恥)冗談だったのに、

何人かの乗客がわたしの顔をチラリ見た。

いや、気のせい? 気のせい?

あれれれええれれれれれれれれれ。








さ、さて、

パース駅からフリーマントルラインで20分。

とーちゃくでござる。





友だちに教えてもらった、カフェがお気に入りで、

毎回来ちゃう。










しかし、ケーキのボリュウムが、ありすぎて、

私はパス。




自分の胃袋に納められなかったのは、無念だった(涙)


そして、

友だちと訪れた時に、来ることが多い、

ビーガンのレストラン、ビートルート(Juicy Beetroot cafe ★)




オットはベジタリアンレストランへ行くことに、いつも躊躇していて、

なかなか首を縦にふってくれず、

今回やっと連れて来た。

こういう風に書くと、肉好きのように聞こえるが、実はオットは肉があんまり好きじゃない人。

だからぜったい気に入るよ。

と言っても、しぶしぶ。

オットも私も肉も食べるけど、

私はたまにベジタリアンレストランレストランに行くのが好き。

だって、今まで食べたことも無い調理法とか、野菜の食べ方を知るのが面白いから。

でも、このレストランにあまり乗る気じゃない様子のオット。

あんまり食べないのかな?と思ったら。

「おねえサーン、」とオットは店員さんを呼び、


「いちばん、大盛りでお願い」

えっ!

ええ?


そう、

これは私が無理矢理オットを連れて来たから、わたしのおごり。

まっ、いいざますわよ!大盛りね。

「あっ、あたしも大盛りで!」

と、私も負けてられないので横から叫ぶ!

ここのお姐さんたちは、気前よくどんぶり一杯によそってくれます。

その精神も大好き♡




あら、あらあら? こうやって写真で見ると、

美味しそうじゃ無いね(汗)

いちばん下には、レンズ豆のカレーで、

その上に三種類のサラダてんこ盛りなのだ。写真だと一種類の野菜だけみたいだね。







中年の胃袋に、野菜サラダ大盛りを消化するのには、

けっこう、胃が疲れます。(正直なお話)

牛の胃袋が四つという、草食動物の胃袋の構造が羨ましくなる。

しかし、ここで野菜を食べるとものすごい量を食べれるので、

その後のトイレは、極楽浄土ですよ。奥様♡(きたないよー)

たまに、

とってもここビートルートへ来たくなるのですよ。

オットも、「また来たいね!」

と、喜んでくれた。でしょ?好きでしょ?ここ。

妻の選ぶお店はまちがいないのよ!と、強気な私なのでした。ふふふ





それから、この日はオプショップで、リーミラーの伝記を見つけて、

わたし、大コーフン。

それも、たったの4ドルです!







「なおみんは英語の本を読むの超遅いから、僕が先に読みたい!」

と、言われたけれど、

ぜったい先に越されたくない私は、

毎晩、ベッドの中でもくもくとリーミラーを読んでます。







3ヶ月まってくれーい。






今夜はこのへんで。

ここまで読んでくれて、どうもありがとうございます。

おしまい。


↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m





Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。