FC2ブログ

砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠してあるからだよ | さかさまな季節からのつぶやき

ほ、発作が、マヨマヨネーズコーーーーン



とある昼下がり、

日本のマヨネーズを手に取って、ふと閃いたこと。






あの懐かしい、

マヨネーズとコーンがのったお惣菜パンが食べたいなぁー、

と思ったら最後、

頭の中では、マヨネーズとコーンの和えたパンが、走馬灯のようにかけめぐる。



マヨコーン食べたい!

マヨコーン食べたーーーーい♪



いかん、

発作ですね。 笑

ということで、

この発作を納めようと、私はパン作りに打ち込むのであーる。

じゃん、材料です。







【パン生地 (バターロール生地)】

① ☆ブレッド&ピザ用の小麦粉(強力粉とも言う)300g

② ☆黒砂糖(どんな砂糖でも良し)20g

③ ☆塩 少々 3gぐらい

④ ☆バター 40g (出来れば室温に戻しておく)

⑤ ☆卵 2個 (生地とつや出し【ドリール】用に1個ずつ使う)

⑥ 牛乳 150cc (レンジで40℃〜60℃ぐらい、つまり人肌ぐらいからちょっと温かいぐらいに暖めておく)

⑦ ドライイースト 3gから4g(室温が低い20℃ぐらいだと4gにして調整)





【マヨコーン材料】

①コーン (冷凍 缶)大さじ5強(お好みで)

②日本のマヨネーズ 好きなだけかけてください。

③オニオンスライス 玉ねぎ1/4かけ

①と③を混ぜ合せておきます。※具はお好みで、これにツナを混ぜたり、ベーコンを細かく切ってのせたりナンでもあり。


【作り方】

① マグカップなどで、人肌よりちょっと温かいぐらいに牛乳をレンジで暖めて、
  イーストを分量分いれておく。



②卵1個分を、箸などでかき混ぜておきます。





③ 上記材料に記してある☆印の材料を、大きめのボールに入れちゃいます。 


④ ③に、イーストを溶いた牛乳を足しながら、ヘラなどで混ぜて行きますが、注意したいのは牛乳を全部いれずに、
ほんの少しだけ、メジャーカップに残しておきます。(最後の調整で足したり、足さなかったりします)
ヘラである程度混ぜたら、べちゃべちゃだけど、手で捏ねて行きます。







⑤ べちゃべちゃでも、しばらく捏ねていくとまとまってきます。




↑ ね? まとまって来たでしょ?



そして、カウチに座り、
スカートの間にボールを入れて、私のうち太ももでボールを固定して、
ダイナミックに、ボールへパンの生地を打ち付けて行きます。
日頃のうっぷんを思い出して、力一杯パンを打ち続けます。






写真はまだまだね。滑らかになって、耳たぶのようになればオッケーなんですが、
この状況を見極めるのは、初めてでは難しいかもしれません。






⑥コロコロと転がして丸めて、パン種の下に丸めたしわ寄せを結ぶ感じで…。


⑦丸めたパン種を、ボールへ移して、ラップした温かい場所で、第一次発酵をします。
私は、外の方が外気が温かかったので、庭に放置しました。





40分から1時間後。


⑧下の写真はまだ、発酵不足なんですが、発酵しきれた写真を取り忘れてしまった。がーん



⑨ 約3倍ぐらいに膨らんだら、生地の中にたまったガス抜きをします。
  この時、パン生地はやさしく扱ってくださいね。ちぎったりしないでね。




ちなみにパンの成形は、
こちらのYouTubeを参考にしましたが、
YouTube上のレシピと私のパンのレシピは違います。






なんだか私のは、玉ねぎのスライスが大きい!がははははは!

と、笑ってごまかす。






動画のように、くるくる巻いて行きます。





⑩ 用意した紙、又はアルミのぴらぴらしたやつに←?
 カットしたパンを、鉄板に並べて行きます。





変な形なのは、ご愛嬌。


でも、マヨネースでデコレートするので、

少々、形が変になっても気にしません。





⑪ ステップ三号の食料庫から、スライスチーズも失敬して、のせてみたり。

あと、

この間買った、バジルのポットから、バジルをつまんでのせたりなんかしました。





また、外へ出して第二発酵。

15分から20分ぐらいでしょうかね。




思わず、パン焼ける前に食べたくて、発作を必死でこらえました。←半分冗談ではなくてね。


そして、何となく発酵してふくれたら、といた卵(もう1個の卵)を溶いてハケでパンの表面を塗り、最後にマヨネースをパンの上にのせていきます。多めが美味しいです。


※特に卵でつや出ししなくても最後にマヨネーズをトッピングすると、マヨネーズの油で光沢が出ます。







⑫ オーブンで焼きます。

だいたい170℃から190℃で、15分から20分弱でしょうか。
オーブンの性質はご家庭によって違うと思うので、上記を目処に観察しながら焼いてくださいね。







かんせい デス。

これで、やっと発作が収まりました。

今度は、あんぱんが食べたいです。←つきることが無い欲!





↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m


スポンサーサイト



Posted by Naomin on  | 4 comments  0 trackback

なんちゃって冷やし中華?






日本のみなさま、こんばんは、

毎日、寒い日が続いていると思います。

きっと今頃、コタツやストーブ、ヒーターなどの暖房器具で部屋を暖めながら、

私のブログを見ているのでしょうか?

そんな中、ちょっとピンとこないかもしれないけれど、

真夏の南半球に住む私は、 

冷やし中華食べたい病 にかかっていいました。

なんのこっちゃ?と、思われるかもしれませんが、

たまーに、日本の食べ物が、ムショウに欲するのであります。

ただただ、冷やし中華食べたいと、夢にまで出てくるぐらい。

それはそれは狂おしい、欲なのであります。

しかし、





冷やし中華を、これからアジアンショップへ買いに行くのであれば、

往復3時間ぐらいかかる。

それに、確実に売っているかどうか保証は無い。

こんな時、ネット頼みのクッ◯パッ△使うのもなぁ〜。

と、そこでピンと閃いた。





前置きが長くなりましたが、

今日は、自己流の、

なんちゃって冷やし中華?最後のクエスチョンマークがポイントデス。

を、作りたいと思います。

もちろん、味の保証は無いよ♪

で、

材料はこれだ!


【材料】①細めのスパゲティ100g1人分で計算してね。自分の食べたいだけ。②キュウリ 食べたいだけ ③卵1人分につき一個の計算です。 ③ツナ缶 食べたいだけ。 ④ガーリック 1/2カケ (←3人分の量にたいして) ⑤バルサミコドレッシング 各一皿にたいして大さじ2 ⑥マヨネーズ 好きなだけ ⑦生野菜なんでもお好みで ⑧オリーブオイル(又はごま油)⑨塩 (最後に味を整える時に!)







【作り方】

①鍋に沸騰したパスタを入れ、袋に表示してある時間通り茹でる。

アルデンテにこだわらなくても良いですが、芯なくゆでる方が本物の中華麺ぽくなります。

しかし、柔らかくしすぎるのも美味しく無いので注意してね。


②フライパンで薄焼きの卵焼きを焼いて、千切り、錦糸卵みたいにつくってください。

③キュウリも千切り。

④茹で上った、スパゲティにすりおろしたガーリックと、オリーブオイル(又はごま油)とよく混ぜ合わす。

⑤④をお皿に盛りつけ、トッピングを飾っていきます。








なんか、綺麗に切れなくて申し訳ないのですが(汗)こんな感じに、

冷やし中華っぽく盛ってください。





⑥ 盛りつけたお皿に、バルサミコドレッシングを、どばーっとかけて、(1人分に対して大さじ2ぐらい)

生野菜の葉物を散らして、

マヨネーズをたらーりと垂らすと、

あら、なんちゃって冷やし中華?の出来上がりです。






ポイントは、

生のガーリックを茹で上ったパスタに絡め、オリーブオイル(ごま油)気持ち多めで混ぜること。

そして、いかにも冷やし中華の具をトッピングすること。

(キュウリや錦糸卵やツナ缶の変わりにハムでも、茹でて甘辛く、胡麻で味付けしたチキンなんかも良いですね)

お好みで、レモンなんかそえても、

うまく自分自身を騙せそうで良いですよ。

ほらっ、本当に冷やし中華っぽい味するでしょ?

生のガーリックを使うので、

これから人に会うときなどは、おすすめしません。

夜な夜な「なんちゃって冷やし中華?」を作って、堪能してくださいね。




という、

今日の「女 ひとりめし」でした。



ステップ3号から、「これはどこの国の料理なのだ?」と、

問いつめられ、返答に困る私でした。

日本と中国と私の間の子のメニュー?

なんだそれは?





↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m

Posted by Naomin on  | 4 comments  0 trackback

豚キャベツ…あっホイコーロとかじゃないからね。






今朝は涼しかったので、

朝は公園でジョギングしました。

公園を一周、気持ちよいね。







急に気温がぐーんと上がるかもしれないので、

涼しい時にシャキンと起きて、走るようにしています。








さて、

女、ひとりめしの時間が近づいてきました。

お、お腹が空いて、死にそう。←でも毎回死なない!

そんなわけで冷蔵庫とご相談タイム。

と、その時、勢い良くドアが開く。だれ?

「ただいま〜腹減った〜」 

と、

なんちゅうグットタイミングに現れた、我がステップサン3号。

そんなわけで、

これから作る分量は、2人前になりますのであしからず。


冷蔵庫と相談して、

選び抜かれた食材たち。





えーと、

上の写真は「super food スーパーフード」っていう炒め野菜用の袋から上に時計回りで、材料を説明。

①野菜炒め用のカット野菜 300g
(キャベツ、ケール 赤キャベツ 人参などが入っていましたが、キャベツ系だったらなんでもいいんじゃないかな?お好みで)

② 醤油 大さじ1と最後に味をみて、また垂らしてください。 

③ 料理酒 大さじ1

④りんご(日本のりんごだと1/4カットぐらい、オーストラリアのサイズだと半分)

⑤ 砂糖(筒みたいなジャーに入っているのは砂糖なのです)大さじ1

⑥ にんにく ひとカケ 

⑦ 唐辛子 (輪切り)

⑧ ごはん 茶碗に2人分(写真は黒米がまじった冷凍ごはんですが、白いごはんの方が合うと思う)

⑨ きざみネギ(最後の仕上げにお好みで)

⑩ 豚肉ロース(細切れの方が良いかも)250gから300g

※その他に、油や塩、コショウなど適量


【作り方】

①オーストラリアは、薄切り肉が売っていませんので、私はこのロース肉を、包丁で、なんとなーく薄切りにして、すりおろしたニンニクと、同じくすりおろしたりんご、砂糖に醤油、酒、唐辛子をボウルに入れ、混ぜ合せていきます。











②油を引いたフライパンに、この①を炒めます。



めっちゃ油がはねます。

ボロボロ、ミトンでカバー。

気をつけてくださいね。

自己責任ね!


③ 実はこのカット野菜は、まちがえて買ってしまったものでした。パセリが入っていると思ったら、縮れたキャベツだった。とにかく、ケールとか紫キャベツ、キャベツのいろんな種類がミックスされていて、どさくさにまぎれて、いろいろな野菜クズ?らしきものが入っている怪しいカット野菜でした。

  









この大量のカット野菜を、肉に火が通ったところへ、えいやーと、投入します。





肉が、雲隠れしたみたい。「おーい肉?」と叫んでみたりして。

野菜クズ、見つける。





なんだろう?このクキみたいなものは?

セロリかな?

そして、むしゃむしゃ食べてみる。

うーん、

わかんないけど、固いクキでした。





最後に、味見をして、

私は分量分のお醤油、プラス、最後にお醤油を少し垂らしました。

冷凍ごはんをチンして、茶碗に盛り、

この炒めた豚キャベツをどっさりのせます。

そして、お好みでネギとか散らしてください。






人は、なんと言うかわかりませんが、←無責任

私は美味しゅうございました。


あっ、これは、




ステップサン3号のランチです。

豚キャベツ丼と、パンを食べるそうです。

なんちゅー組み合わせなのでしょうね。





今夜は、

「女ひとりめし」第二弾をお送りしました。

味の保証は、無いよ☆


追伸:じつは、このブログをあげてから気が付いたのですが、
   途中から、これを追加して一緒に炒めました。








↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m

Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

臭い女ですみません★ 





こんばんは、なおみんです。

新しいカテゴリーを作ってみました。

題して、「女 ひとりめし」です。

どう?渋いカテゴリーでしょ?

出来れば、筆ペンで記したいぐらいな勢いなのですがね。



さて、

このカテゴリー、一体どんなものかというとですね。

私は、平日家で1人で仕事をしていることが多いのですが、

そんな時のお昼ご飯は、

オットやステップサンと一緒では食べれない食事を思う存分楽しみます。

ほら、あの人たち西洋人だからか?

納豆とか食べれないのですよね。

まぁ、納豆が大好きな西洋人もいますが、

日本食で、この味は(あいつらには)わからないだろうなっーていうものを、

私の食の欲求不満が爆発して、

それをお昼に、ががががががががーっと、

作り食べることが多いのです。



まっ、

とにかく、

1人だけれど、

凝ったもの作れないけど、

冷蔵庫くんと相談して、

ランチ楽しむぞーっていうカテゴリーなのです。


さて、

第1回目の本日は、

シンプル質素なペペロンチーノチェリートマトスパゲティを作りました。

どう、響きがオサレでしょ?

でしょ?←しつこく言いたい!





一応、レシピみたいなものも、

メモりましたので、よろしければ試してみてください。

味の保証は一切ありませんので、あしからず。







さて、

材料です。

じゃん!






① 細めのパスタ→(食べたいだけ、ちなみに平均の1人分は100gと言われています)




② チェリートマト お好みの数(私は8個ぐらい使った)


③唐辛子1つ
(私は比較的辛いのが好きなので種はとりませんが、
辛すぎるのちょっと駄目〜というヒトは種をとって量を加減してください。)

④ ガーリック ひとカケ (私はひとカケ半使いました)




⑤グレープシードオイル 大さじ3ぐらい 
(なければ、エキストラバージンオリーブ又はオリーブオイル)

⑥アンチョビ 
(三切れほど)




⑦ 塩 適量 / お好みでブラックペッパー 粗挽きで適量







つくりかた

① ガーリックと唐辛子をテキトウに切ります。
  何度も言うけれど、種を料理に使うと辛くなるので、
  あまり辛くしたく無ければ、種をすべて取り除いてください。


 



② 火をかける前にカットしたガーリック、
  唐辛子をフライパンに入れ、グレープシードオイルを入れます。





③そしてアンチョビと、
 私はこの日アンチョビに使っている油も小さじスプーン1ぐらい入れました。
 それらを突入してから、ここでやっとフライパンを火にかけますが、
 はじめは弱火で、ガーリックや唐辛子、アンチョビを焦がさないようにね。






④ パスタを茹でるお湯も沸騰させておきます。
  「ひとりめし」なので、大鍋を使うのは、後で洗うのが面倒なので、
  スパゲティをパキンパキンと半分に折り、小鍋に突入。
  小鍋で上手く茹でるコツは、ひっきりなしに菜箸などでかき混ぜながら茹でるのです。
  忙しいぞ!





⑤ パスタ茹でながらフライパンを火にかけて、
  ガーリック、唐辛子、アンチョビを弱めの火で、
  くれぐれも焦がさないように、焦がさないように炒めます。←ここ大事。
  そして、パスタも休まずせっせとかき混ぜて茹でます。








⑥ なんとなく、ガーリックに火が通って、油にガーリックや唐辛子、アンチョビの旨味成分が浸透してきたところで、
 チェリートマトを入れます。トマトの水気は十分に拭き取ってから入れてね。はねるから!




スパゲティが少々、フライパンに入っちゃった。ご愛嬌!






⑦ そして、アルデンテになったスパゲティを、ダイレクトに鍋からフライパンへ、
  えっほえっほと、運んでいれてください。







これは私が横着しているのではなくて、
スパゲティを茹でたゆで汁が、適度にフライパンへ入ることを計算しているのです。
こうすることによって、スパゲティとガーリックオイルがしっとり馴染むのです。


⑧ チェリートマトになんとなく火が通って、皮が破けてきたら、
  塩で味を整えます。アンチョビが入っているから、
  スパゲティを一、二本食べて味見をして味つけてくださいね。






⑨ お皿に盛れば、ほら、今日の「女 ひとりめし」が出来上がりました。
  いただきまーす。




さみしいから、スヌーピを添えてみました。

ガーリック多めなので、

食後はオット以外のヒトには合えませんね。臭くてね。

だから、口臭注意してくださいね。






それでは、

この企画はまたいつか!

続くのかな?




おしまい。


↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m

Posted by Naomin on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。