FC2ブログ

砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠してあるからだよ | さかさまな季節からのつぶやき

春になると出てくる



三月になっちゃいましたね。

日本へ来て、はや1ヶ月が過ぎようとしています。

まったく、

どこへ行ってもTime flies. で、びっくりです。

まぁ、

どこへ行っても、「私が生きる=時間」なわけだから、

時間から、けして逃れられないんですけれどね。 ぶつぶつぶつ。 笑







家の近くの図書館でも行って、

仕事しようと思い、

近所をぶらぶら散歩がてら、図書館へ向かいました。

こんな風に、日本の街をぶらぶら散歩出来るって、

楽しいですよね。






家の近くの公園にて、

木の根もとで休んでいた赤トラネコさん。

私がしゃがみこんで、iPhoneを近づけても逃げませんでした。

しかし、

けして、体を触らせてはくれません。ちっ!




鳩も、わたわら、

激しく頭を上下にふりふりして、

エサをついばんでいました。









道の途中にあったお稲荷さん?の赤い鳥居に感動して、

またまた、iPhoneを取り出して写してみたりして。









いいね。

いいね。


と、歩いてたら。

背後から、男性の声が…。

「す、すみません」

ふいに、振り向くわたし。







わたし 「はい?」

おとこ 「あっ、あのぉ、あのですね」

わたし 「……?」

おとこ 「おっ、お茶でも飲みにいきませんか?」

わたし 「あい?」 ←言葉にならない声

な、な、ナンパされたよ。お母さん










見かけ、べつに怪しそうに見えなかったのだが、

普通の青年(推定年齢30代)と思っていたんだけど、

おかしいよこの男。

数打ちゃ当たる作戦なのか?



こっちは、そんなこと想定外なのと、

怖いのと、

びっくりなのと、

気持悪いけど、ナニされるのかわからないので、

やんわり、仕事があるんですみませんと答えるものの、



おとこ 「じゃあ、これもらってください」と、

何やら白い紙切れを私に渡そうとするので、

なんですか?って聞いたら、

「ここに電話番号書きますから、電話してください」って言われる。

いやぁ、

それは、ないわ!

1000%ぐらい、ないと思うわ。

だいたい、

怖過ぎるよ。

で、

すみません、すみませんと、

足ばやにその場を逃れるのが精一杯。



なんだか、

春の訪れを感じた一日でした。


まいった。



スポンサーサイト



Category : つぶやき
Posted by Naomin on  | 2 comments  0 trackback

David Bowie R, I, P




2014DavidBowie_Getty75944035_10161014_20160112085750477.jpg


David Bowieが死んじゃった。

信じられないんだけれど。

昨日の朝、会社から夫のメールで訃報を知りました。



ああ、1つの時代が終わったのかという気持ち。

世界の色が、ワントーン薄くなったというTwitterでの誰かの書き込み。

まさに、その通りだなって感じました。





こんなに私はショックを受けているけれど、

そんな熱烈なファンでも無かったはずなのにな。

でも、

私の青春は彼無しでは語れない。




コンサートにも出かけたことは無かったけれど、

高校の頃は、よく友人達とCDの貸し借りなんかして、

私の友人に熱烈に勧められてよく聞いていたな。

ラビリンスに戦場のメリークリスマス、

映画もよく見たっけ。




今朝、ABCニュースでは、

彼の遺骨がニューヨークからサウスロンドンへ移されて、

キャメロン首相をはじめ、たくさんのファンが彼のスターの前にいました。



Facebookには、

誕生日にリリースされたという「Blackstar」のPVを見て、

また、切なくなる。

もうこれは、

どう見たって私たちへ、最後に残してくれたアルバムなのね。

病床でも、ずっと歌を作っていたんですって。

ここ10年近く、表立った活動は極端に少なかったけれど、

やっぱり最後の瞬間まで、アーティストだったんですね。



今日は彼の音楽を浴びながら、

仕事しよう。

さよなら、David Bowie。

そして、ありがとう。



↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m

Category : つぶやき
Posted by Naomin on  | 2 comments  0 trackback

ショッピング


クリスマスが終わると、

夫は新年に向けて、新しい服を購入するんだけれど、

今日は、私も一緒に連れられて、シティまで買い物へでかけました。








私は、出来るだけ自分の私物を増やしたく無くて、

この間、しこたま洋服やらアクセサリー、コスメの類を手放しました。

買った時は、あんなに胸をときめかせていたのに、

物って、どうして気持ちが薄らいでゆくのでしょうかね?

高い思いをして買ったものでも、

私は、あっけないぐらい、ポイっとゴミ箱へ放り込むことが出来ます。

その反対に、

ボロボロなのに捨てられない10年もののTシャツなんかもあるの。←捨てろ

そういう心理が自分でも、よくわかりません。(汗)

年齢が進むにつれ、

似合わなくなってしまった服も、わんさか溜め込んでいました。

そんな、過去に活躍した服たちとも、お別れしました。



今日シティへ来た買い物の目的は、必要なものを購入するため。

ずばり、下着デス。

そろそろ、やばいなっていう感じなので、

いっそのこと、全部古いものは捨てて、

新しいゴージャスな下着で、新年を迎えようっていう魂胆です。

鼻息荒く、下着売り場へ出かけていったのですが、

うつむいて、子供の子守りをしているどっかのお父さんがいらっしゃいました。

奥さんが下着選んでいる中を、

ブラジャーのラックの前で、

子守りしているってさ、

この男性が気の毒になってしまった。

なんかの、罰ゲームみたいに思えたのは、

私だけじゃなかったと思う。




それから、

久しぶりにロクシタンへも行きました。





日本のきらびやかなロクシタンを知っていると、

パースのロクシタンが、とっても地味に見えます。

きらきら感が全然ありませんが、サービスは日本みたいにすこぶるよかった。

そして、

私は、コスメとかのお試しもの(サンプル)を使えない人なので、

すごく断ったのにも、かかわらず、

「それでは、この2つだけおつけします」と、言って、

ゴーインに入れられちゃったんだけれど、

お姉ちゃんが、まるで私の娘みたいにかわいかったので、まっいいか。

と、思ってそのサンプルを手に取ってみると、




日本語で記されている。

英語、フランス語、日本語。

ロクシタンジャポン株式会社以外の、アドレスが記されていないということは、

やはり、日本でのロクシタンの需要が高いということなのでわ?

と、思わずにはいられませんでした。

このサンプル、日本から来たんだよね?






という、

本日のお買い物日記でした。

なんか、

眠くなってしまったので、今夜はこれにて★

おやすみなさい。





最後に、

最近、痩せたシシィ•ハンバーグ。






↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m

Category : つぶやき
Posted by Naomin on  | 4 comments  0 trackback

かなわぬ恋






あおだまめこ9




たまに私の人生の中で、

ふと知り合う人がいるんだけれど。

たとえば、

バス亭でバスを待っている時に、隣に並んでいた青年とか、

スーパーマーケットの精肉売り場の、おじさんとか。 笑



他人のような存在の人々が、

たまたま、隣り合わせたという偶然の出会いで、

何か魔が差したように、

彼らの人生の一部を、ぽろりと私に話してくれることがあります。←そんなことあるよね?

そういう他人の話を聞いているのが、

すごく好きです。




で、

この間、そんなような事があって、

通りすがりのその女性は、

今恋をしていて、相談を持ちかけられたのだけれど、

そういう時って、

ぜんぜん私に答えを求めていなくて、

私の口から、

彼女が求めていることばを探していることがほとんどなんだと思う。






人はけっこう純粋に、

熱心に恋をすることが出来る季節って、

限られていると思う。

だんだん、

打算的になっていく人がほとんどだと思うから。


つき合うことと、

結婚は別に考えるようになるから。

でも、

恋愛って、

そんな計画的にはうまく物事は進んでいかないもの。

自分でも、思いがけない、

1つの大きな事故だと思う。

たかが恋だけれど、

されど恋。

恋愛ひとつで、人生を大きく狂わすことって、

とても多いと思う。

大人になるにつれて、

キケンな恋に落ちる人はいますよね。 笑






実は、恋愛っていうのは、

相手と別れても、

ずつと心に痕を残すものだということを知りました。

その傷のような痕は、

時とともに、薄れてゆくときもあるけれど、

決して消えること無い。

又、

その痕は、

時が立つにつれて、

色濃くその人の人生に影を落とすこともある。





彼女は、

彼以外の人と一緒になることが考えられないって言っていて、

その人と結ばれないのなら、一生結婚することは無いでしょうと、

きっぱり断言していて、

自分の年齢は、もうすぐ40だけれどと、

何か後ろめたい気持ちもあるみたい。



つ、

つらいね。

恋愛はすばらしいと思う。

でも、

素晴らし過ぎる分、辛さや痛みも魂に響く。




そんな話を聞いたら、

私もパブロフの犬のように、胸が痛んだよ。



↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m


Category : つぶやき
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback

エネルギー切れです



今日はボクシングディでした。

毎年恒例の、我がステップサンたちが集まる集いがこの日。

でも実際に訪れたのは長男夫婦だけでしたが、

和やかな午後を過ごすことが出来ました。





我が家のネコたちは、年々シャイになっていくせいか、

二匹とも姿を隠してしまって、

動物好きのステップサンカップルは、とっても残念そうでした。






あらゆるパーティは得意じゃない私だけれど、

もてなす料理を作るのは、やっぱり大好きです。

いっぱい料理を作りました。

毎年、ほぼ同じメニューだけれど、



















日本の友人から、11月生まれの私はバースディプレゼントを頂いたのですが、

夫から、クリスマスまで開けるの待とう!という提案で、

やっと開封することが出来ました。




日本クラフトの素敵なペアマグカップと、私と夫が今年、ハマりにハマったお茶のセット。

私の断りもなく、さっさとティパックを開封する夫に、微かな怒りを感じました。 笑

でも、仲良く紅茶を頂こうと思います。

本当にありがとう。




ああ、今日はホント疲れました。

もう、燃え尽きて白い灰になってます。 笑

今夜は、ちょっと短いブログで、

失礼いたしました。



↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

m(_ _)m




Category : つぶやき
Posted by Naomin on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。